経理業務を外注する事のメリットとデメリット

経理業務を外注する事のメリットとデメリット

会社の心臓部とも言える経理業務を外注化するという事には、メリットもあればデメリットもあります。

経理業務代行、いわゆるアウトソーシングを利用することで、企業にどのようなメリット・デメリットがあり得るのか?というテーマについて、経理業務支援サービスを提供するMARKコンサルタンツが考えたいと思います。

経理業務を外注する事のメリットとデメリット

当社では経理業務を外注(アウトソース)する事のメリットとして、以下のような事が考えられます。

外注化のメリット

  • 人件費が削減できる
  • 雇用に関わるコストや、人材育成・研修費用といった二次的なコストを削減できる
  • 既存の人材の退職や休職といった人材流出によるリスクを軽減できる
  • 業務時間が短縮できる
  • 機密情報を保護できる

一方で、デメリットとしては、以下のような事が考えられます。

外注化のデメリット

  • 社内で経理業務のノウハウが育成されにくい
  • コスト高になる場合もある

では、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく考えていきましょう。

経理業務外注化のメリット

人件費が削減できる

経理業務外注化の最大のメリットは、人件費の削減です。

経理スタッフを1名雇用する事によって、そのスタッフの人件費だけではなく、採用担当者の人件費も生じます。

教育担当者は、新人の教育のために時間を取られることによって残業が発生し、それが会社のコストとして跳ね返ってくる可能性もあり得ます。

それらを削減するための最適な選択が、経理業務の外注化ではないでしょうか。

こんなお悩みをお持ちの経理担当者におすすめ

  • 間接部門の経費削減を迫られているが、どのように実行すれば良いか悩んでいる
  • 能力が分からない人材を雇用するリスクを回避したい など

雇用に関わるコストや、人材育成・研修費用といった二次的なコストを削減できる

有能な人材の確保には、多大なコストが掛かります

また、経理スタッフの能力に関わらず人材を1名雇用する事で、給与や諸経費の発生に加えて労務管理や福利厚生など様々な派生的コストが発生します。これらのコストをダイレクトに削減できることは経理業務外注化の大きなメリットであると言えるでしょう。

このほか、人材育成にかかるコスト、研修費用といった二次的なコストを削減する効果もあります。

こんなお悩みをお持ちの経理担当者におすすめ

  • 間接部門の経費削減を迫られているが、どのように実行すれば良いか悩んでいる
  • 経理スタッフの人手不足解消のために新規で従業員を雇用したいけれど、教育のための人員を割けない など

既存の人材の退職や休職といった人材流出によるリスクを軽減できる

経理業務の外注化によって、人材不足の解消や担当者の退職リスク軽減といった人に関する課題の解決が図られることも大きなメリットです。

経営者の中には「外注化=コストUP」と考えてどのような業務も内製化を図ろうとする方が見受けられます。しかし、ミスなく経理業務をこなすスキルを持った優秀な人材を確保する事は容易ではありません。また、優秀な人材には業務が集中しやすく結果的に急な退職で混乱が生じると言ったリスクもありますが、経理業務を外注化しておけばこのような事態に陥るリスクを大幅に軽減する事が可能になります。

こんなお悩みをお持ちの経理担当者におすすめ

  • 経理部門の人材難が慢性化しており、担当者の負荷が非常に大きい
  • 長年の担当者がそろそろ定年となるので、人材確保や教育が急務だが日々の業務に忙殺されて着手できていない など

業務時間が短縮できる

専門家が経理業務に関わることで、自社内で業務を行うよりもスピーディーで正確な事務処理が可能になります。

そして、分からないことや困ったことが発生した時にすぐに専門家にアドバイスをもらえる体制が整うことで、経理担当者の時間的・精神的負担が減り、働きやすい職場環境の整備につながります。

こんなお悩みをお持ちの経理担当者におすすめ

  • 少ない人材で過剰な業務を抱えているため、処理がつねに遅れがちになっている
  • パート人材で賄っているため、個人の能力によって処理時間にばらつきがある など

機密情報を保護できる

同族(ファミリービジネス)の中小企業の中には、従業員に会社の財務内容や給与の情報を知られたくないため、社長の妻などの親族だけで経理を担当しているというケースが少なくありません。

このような事例では、信頼できる第三者と秘密保持契約を締結したうえで経理業務をアウトソーシングすることで、情報漏洩の心配から開放されるというメリットが得られます。

こんなお悩みをお持ちの経理担当者におすすめ

  • 身内が多い企業のため、経理業務の詳細を身内以外のスタッフに知られたくない
  • 過去に経理担当者による情報漏洩が発生し、再発防止に苦慮している
  • 経理担当者の不正が監視できる体制になっておらず、不正のリスクに晒されている など

経理業務代行のデメリット

経理業務を外注化する事で生じるデメリットもあります。

社内で経理のノウハウが育成されにくい

経理業務を外注化する事で生じるデメリットのひとつとして、経理業務をアウトソースすることにより、社内で経理のノウハウが育成されにくいという点が挙げられます。

ポイント 1

MARKコンサルタンツの経理業務支援サービスでは、経理担当者の交代時に新旧担当者間の業務引継ぎの席に立ち会ったり、あるいは業務の流れを文書化しマニュアル作成をサポートするなど様々な角度から、積極的に社内の経理人材育成を支援しています。

コスト高になる場合もある

業者選定時に、外注費の上限を明確にしておくことが重要です。あの業務も、この業務も…と様々なオプションを追加した結果、従業員1人の雇用コストを上回る外注費が発生する事もあります。

ポイント 2

MARKコンサルタンツの経理業務支援サービスでは、事前に予算も含めたコンサルティングを行い、各社のニーズやご要望に合わせたカスタムメイドの外注支援策をご提案しています。

プロによる現状分析で、社内の経理業務を見直してみませんか?

「経理外注化のメリットとデメリットは分かったけど、現状をどのように改善すれば良いのか分からない」「日々の業務をこなす事で精一杯で、他の事を考える余裕はない」など、様々なご意見があるかと思います。

そんな悩める経理担当者の皆様に、会社の経理部門全体の流れを把握し改善に導くための第一歩として、まずはMARKコンサルタンツの【経理業務の診断とアドバイス】をご活用いただく事をお勧めします。税理士、社会保険労務士、中小企業診断士ほか経理業務の専門家が丁寧なヒアリングに基づき御社に最適な経理業務改善プランを作成し、ご提案致します。

現状の経営状態や業績を正しく把握し、経理業務の自動化や効率化による適切なコスト削減を実現する事から始めてみてはいかがでしょうか。

事例のご紹介

介護施設
社会福祉法人イメージ
介護施設の経理改善に関する事例

介護施設において、顧問税理士の変更に伴い、業務過多の経理部門の業務改善を図りたいという事例です。

もっと読む
製造業
製造業の経理業務
製造業の事業承継に関する事例

ある製造業者において、親子間での事業承継に伴い、経理業務全体の見直しを図りたいという事例です。

もっと読む
病院・クリニック
医療法人の経理改善
病院の経理改善に関する事例

ある病院において、長年経理を担当していたベテランの職員の急な退職に伴い、専門家のサポートが欲しいという事例です。

もっと読む

投稿者プロフィール

MARKコンサルタンツ
MARKコンサルタンツ
MARKコンサルタンツは、名古屋市中区に本社を置き、愛知県、岐阜県およびその周辺地域の企業様に経理業務改善のための様々なサービスをご提供しています。経理業務をはじめとする間接業務(Back Office)でお困りの経営者様を「気軽に相談できるパートナー」としてサポートいたします。

株式会社MARKコンサルタンツ

MARKコンサルタンツエントランス
〒460-0008
名古屋市中区栄四丁目14番31号 栄オークリッジ4F
TEL:052-265-8861
お電話受付時間:平日9時~18時
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。