経理業務を外注化する事のメリットとデメリット

経理業務の改善策の柱になるものが経理業務代行、いわゆる経理アウトソーシングです。経理業務の外注化には、メリットとデメリットの両方があります。

経理業務代行のメリット

人材に関するリスクが軽減できる

経理業務をアウトソーシングする事の最大のメリットは、人材不足の解消や担当者の退職リスク軽減といった人に関する課題の解決が図られることです。

経営者の中には「外注化=コストUP」と考えてどのような業務も内製化を図ろうとする方が見受けられます。しかし、ミスなく経理業務をこなすスキルを持った優秀な人材を確保する事は容易ではありません。また、優秀な人材には業務が集中しやすく結果的に急な退職で混乱が生じると言ったリスクもありますが、経理業務を外注化しておけばこのような事態に陥るリスクを大幅に軽減する事が可能になります。

また、採用担当者の人件費や人材育成にかかるコスト、研修費用といった二次的なコストを削減する効果もあります。

業務時間が短縮できる

専門家が経理業務に関わることで、自社内で業務を行うよりもスピーディーで正確な事務処理が可能です。

そして、分からないことや困ったことが発生した時にすぐに専門家にアドバイスをもらえる体制が整うことで、経理担当者の時間的・精神的負担が減り、働きやすい職場環境の整備につながります。

機密情報を保護できる

同族(ファミリービジネス)の中小企業の中には、従業員に会社の財務内容や給与の情報を知られたくないため、社長の妻などの親族だけで経理を担当しているというケースが少なくありません。

このような事例では、信頼できる第三者と秘密保持契約を締結したうえで経理業務をアウトソーシングすることで、情報漏洩の心配から開放されるというメリットが得られます。

経理業務代行のデメリット

経理のノウハウが育成されにくい

経理業務を外注化する事で生じるデメリットもあります。経理業務をアウトソースすることにより、社内で経理のノウハウが育成されにくいという点です。

これについて【MARKコンサルタンツの経理業務支援サービス】では、経理担当者の交代時に新旧担当者間の業務引継ぎの席に立ち会ったり、あるいは業務の流れを文書化しマニュアル作成をサポートするなど様々な角度から、積極的に社内の経理人材育成を支援しています。

メリットとデメリットまとめ

メリット
  • 雇用に関わるコストを削減できる
  • 退職などの人材流出によるリスクを軽減できる
  • 採用担当者の人件費や、人材育成・研修費用といった二次的なコストを削減できる
デメリット
  • 社内で経理業務のノウハウが育成されにくい

MARKコンサルタンツの経理代行サービスについて

弊社では原則として、例えば仕訳業務や請求書発行業務といった単純な作業のみは承っておりません。

業務改善コンサルティングを行う中で、課題解決策の一部としてそうした業務のアウトソースの必要性が生じた場合には、自動化等の手法も取り入れながら一部の業務を請け負うと言った対応を取らせていただきます。

投稿者プロフィール

MARKコンサルタンツ
MARKコンサルタンツ
MARKコンサルタンツは、名古屋市中区に本社を置き、愛知県、岐阜県およびその周辺地域の企業様に経理業務改善のための様々なサービスをご提供しています。経理業務をはじめとする間接業務(Back Office)でお困りの経営者様を「気軽に相談できるパートナー」としてサポートいたします。

株式会社MARKコンサルタンツ

MARKコンサルタンツエントランス
〒460-0008
名古屋市中区栄四丁目14番31号 栄オークリッジ5F
TEL:052-265-8861
お電話受付時間:平日9時~18時
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。